夫の育毛対策

育毛対策にお金をかけすぎている夫

数年前から夫がひそかに育毛対策をしています。遺伝的にも禿げてしまうのは時間の問題なのですが、40代後半になって焦っている様子が伺えました。

 

具体的には、高価な育毛剤やシャンプー、ドライヤーを使いはじめたことです。資生堂のザ・ヘアケアアデノバイタルスカルプエッセンスという6000円もする育毛剤が洗面所においてあったときは驚きました。おじさんなのに資生堂…。6000円て私の唯一の化粧品であるオールインワンジェルの倍もするお値段…。正直もったいないというのが妻としての感想ですが、本人が気にしている様子なので気づかないふりというか、そのまま見過ごしておりました。

 

その後アマゾンで荷物が届いたので確認してみると、何やら高そうなシャンプーでした。調べてみると、450mlで3650円もするスリーボムという商品でした。ノンシリコン、アミノ酸系のなんともお肌に優しい高級シャンプーではありませんか。アトピーの娘のために毎月買っている石鹸よりも高くてびっくりしました。

 

ドライヤーもマイナスイオンの高そうなものを使用して、たいして髪もないのに時間をかけてドライヤーをしています。でも、毎年スタジオアリスで撮っている家族写真を見ると、去年より今年の方がふわっとしているのは事実です。

 

効果はあるのかもしれませんが、妻としての本音としては、もう見た目は諦めてもいい年なので育毛対策にお金をかけるなら子どもの貯金にまわしたいと思ってしまう今日この頃です。

関連ページ

オールインワンゲル
様々なオールインワンゲルが発売されていますね。 洗顔の後、これ一本でOKというのは時間のない女性や面倒くさがりやの女性には本当に魅力的なスキンケアです。
節電とスマートフォン
エコとか節電とか電気に関しては消費を減らす方向で経済は進んでいるはずです。家電製品も電気消費量をどれだけ抑えられるかが売りになっています。
レトロなものの人気
今流行りの「昔ながらの・・・」シリーズ。昔のレトロなものが今ではおしゃれになっちゃうという感覚。
子供の夢
時の流れって本当に早いです。私もすでに二児の母になったというのも驚きですが、学生時代が遥か昔のことになってきたのですね。
奥深いエステ
エステって奥が深いですよね。いいところもあれば、そうでないところもありそうな・・・・。
マカのサプリメントで驚くほどに健康的な髪が生えた彼氏
彼氏の友人にも30代半ばで薄毛に悩む男性がいます。その男性はいつも薄毛を気にしては、なかなか結婚もできないんです。ですから、30代になっても今だに付き合った女性も1人だけなんです。
高校生、大学生の服の需要は何処にありますか
冬服は高校生までは、制服や学生服がありますので、選ぶ必要がなく楽です。私の息子は私学でして学校の指定のセーターとコートがあるので、他には要りません。
オシャレ目標を決めるために
なんかダイエットって・・・ダラダラしちゃいませんか?私はそうなんです。結局すぐに挫折しちゃって・・・そこで考えたダイエットが・・・・新たに買う服をワンサイズ下を買う事。
エステでダイエットなんて羨ましい
楽してダイエットしたいよねぇ。でも、それって永遠のテーマなのかもねぇ。ダイエットは努力なくして実現せずってところがあるもんね。
ホーム RSS購読 サイトマップ